セーマ株式会社は、世界に通ずる治験をサポートします。

  • 個人情報保護方針
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
代表挨拶
世界に通ずる治験を理念に

厚生労働省医政局長通知(平成24年3月30日医政発0330 第33号)において周知されました「臨床研究・治験活性化5か年計画2012」では、『日本の医療水準の向上』と『日本初のイノベーションを世界に発信』を目標としており、日本の臨床研究・治験を取り巻く環境は海外との連携に対応した制度改革がより一層求められています。

セーマ株式会社は、2002年6月の創設以来、地域の治験実施医療機関からの要望に応えるべく、独自のCRC教育研修制度を整備し、数多くのCRCの育成に全力を挙げてきました。また、製薬会社のニーズに応えるべく、治験実施医療機関における治験のフルサポート体制とともに、福井総合病院をはじめとする各地域医療機関でのセントラルIRB化、治験ネットワーク構築の支援にも努めてきました。 生産性の向上を目指すSMOとして、また、医療機関及び製薬会社から『選ばれ続けるSMO』となるよう、質の向上と業務の効率化を日々追求しております。

さらに、当社は第Ⅱ相以降の治験だけではなく、健康成人専用の臨床薬理センターを福井総合病院に設立・運営し、第Ⅰ相試験、臨床薬理試験、生物学的同等性試験等の薬物動態試験の実施にも注力しています。福井総合病院が管理する医学ボランティア会(北陸医学ボランティア会)を支援・活用することで、地域住民への治験啓発とともに高い症例集積性をあげております。 昨今、医薬品に関わる業界で企業不祥事が報道される中、日本SMO協会(JASMO)に所属する当社は、JASMOが策定した「臨床試験データの信頼性を確保するためのJASMO自主行動ガイドライン ‐不正行為の再発防止に向けて‐(2015年6月5日)」を遵守し、臨床試験データの信頼性確保に努めております。

社員一同、企業理念である「世界に通ずる治験」の実現に向け、治験の質とスピードの向上、並びに日本における新たな治験実施体制の構築を目指して、皆様のご要望に応えるべく更なる努力をして参りますので、何卒ご支援賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

代表取締役社長 片山昌隆

 
–>
ページトップへ
  • HOME
  • 治験依頼者の皆様へ
  • 医療機関の皆様へ
  • 業務案内
  • 企業情報
  • 採用情報
  • 個人情報保護方針
  • お問い合わせ
  • サイトマップ